福岡市 博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗などを中心とした情報ブログ http://www.acmp.co.jp
by acmp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
会社概要
プレスリリース
staff さかた
staff えがしら
staff のざき
◎イチオシ物件情報◎
◎こだわり物件~アメニティ編
物件更新情報
すてきなお店情報
未分類
以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
最新の記事
年末年始休暇のお知らせ
at 2011-12-26 11:49
福岡・貸事務所 新着物件掲載..
at 2011-12-17 11:10
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-15 11:12
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-14 11:56
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-13 16:06
最新のトラックバック
福岡市長選挙 高島
from できるビジネスマンのチェック..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近のオフィス事情 -フリーレント-

 最近の経済情勢もあって、テナントビルを取り巻く環境も悪く、テナント面積を縮小撤退させる事例が大半です。
 そうした中にあって、ビルオーナーも空いた部屋をそのまま遊ばしておくこともできないので、あれこれ工夫しながら、既存入居者の引き留めや新規入居者への特典を付けて、入居率確保に躍起です。
 新規募集のひとつの手法が「フリーレント」です。これは、入居から一定期間家賃が発生しないという、賃借人にとっては非常にありがたい特典です。最近ではフリーレント期間6カ月というのも、珍しいことではなくなってきました。a0149371_12384873.jpg

 ビルオーナーにとっては全くの家賃収入減なのに、なぜこの手法がとられるの?いろいろな理由があると思いますが、大きく言って、
 ・家賃単価の値引きは、長期にわたって減収になる。
 ・さらに相場の値崩れを誘発し、価格競争になり、結局は自分の首を絞めることになる
 ・既存テナントとの価格差が生じ、公平性が保てない
 ・敷金の値引きは、家賃滞納や原状回復などの債務不履行時の担保となるため、それには手をつけたくない
などが考えられます。

 一方で、リニューアル改修工事などのようにビルオーナーに先行投資が必要となることもなかったり、賃借人にとって既存オフィスの解約前予告6ヶ月前の負担を軽減させるなどの効果もあり、はやく入居者を確保したいというビルオーナー側の気持ちの表れと言えるでしょう。

 ビルオーナー様もいろいろな特典やキャンペーンを設定していますので、それをうまく活用されながら、事務所移転や新規開業をご検討されてはいかがでしょうか。
 詳しくは、弊社までお気軽にお問い合わせください。

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-03-18 12:39 | staff さかた
<< 最近のオフィス事情 -地価公示- 新着物件を掲載しました(三天第... >>