福岡市 博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗などを中心とした情報ブログ http://www.acmp.co.jp
by acmp
カテゴリ
全体
会社概要
プレスリリース
staff さかた
staff えがしら
staff のざき
◎イチオシ物件情報◎
◎こだわり物件~アメニティ編
物件更新情報
すてきなお店情報
未分類
以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
最新の記事
年末年始休暇のお知らせ
at 2011-12-26 11:49
福岡・貸事務所 新着物件掲載..
at 2011-12-17 11:10
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-15 11:12
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-14 11:56
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-13 16:06
最新のトラックバック
福岡市長選挙 高島
from できるビジネスマンのチェック..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

福岡・アジア国際戦略特区

 今日は、ビジネスに役立つ政治・政策の話。a0149371_11103927.jpg

 今日の日本経済新聞Web版に、「国の総合特区構想、福岡県がアジアと連携提案」という記事を掲載していました。

 この「国の総合特区構想は、従来の特区で実施された規制緩和のほか、税制、財政、金融面でも支援するのが特徴。」 
 福岡県が提案した特区の名称は「福岡・アジア国際戦略特区」。その対象は、(1)ビジネス (2)環境 (3)先端技術の研究開発 (4)ファッションや若者文化 (5)空港や港の整備。
 現時点でのメディア情報だけだはあまり詳しい情報がないので、よくわかりません。

 その参考になるのが、県知事の年頭記者会見等で発言された「福岡・アジア新時代創造特区」。
その6 つの地域戦略(抜粋)は、

-------------------------------------------------------
地域戦略1 イノベーション・先端成長産業拠点
   ・世界レベルの先端システムLSI 開発拠点を構築する「シリコンシーベルト福岡」の推進
   ・「ペプチドワクチン」による第4 のがん治療法の実現化
   ・北部九州自動車150 万台先進拠点の構築 等

地域戦略2 アジアビジネス拠点
   ・APEC中小企業大学校の創設
   ・福岡アジアベンチャーマーケットの開催
   ・インターネット通販によるアジアへの販路開拓支援 等

地域戦略3 アジアの環境先端拠点
   ・アジア諸国地域における廃小型家電の回収システムの構築
   ・アジア自治体と環境協力協定を締結し環境プロジェクトを共同推進 等

地域戦略4 アジアの高度医療、健康・癒し拠点
   ・多言語対応高度医療機関群の整備 等

地域戦略5 アジアファッション、美容、若者文化、ショッピング拠点
   ・福岡アジアコレクションを核としたファッション産業の振興
   ・多言語ウェブサイト「アジアンビート」の情報発信力の強化 等

地域戦略6 アジア交流先進社会資本拠点
   ・福岡空港のアジア拠点空港化
   ・北九州空港の物流ハブ空港化
   ・博多港、北九州港のアジア中枢港湾化 等
----------------------------------------------------------

となっています。対象範囲はほぼ網羅されていますので、同様の内容になっているのでしょう。

 ということは、各項目について、具体的にどのような方策・工程でそれを実現するのかという戦術・作戦面での情報は手にしていませんが、本当にその実現に向けて行政が動き出すのであれば、今後このようなビジネスを展開する産業や企業が集積し、経済発展が期待できるかもしれません。その布石が、特区提案といえるでしょう。006.gif

 このような分野でビジネスをされている方、あるいはされようと計画される方は、福岡を拠点に事業展開をされることをご検討されてはいかがでしょうか。そして、事務所・研究所等をお探しの際には、ぜひともACMプランナーズにお声かけいただければ幸いです。(結局、またそこに落としてしまいました・・・・)008.gif


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-31 11:12 | staff さかた

福岡・アジア国際戦略特区

 今日は、ビジネスに役立つ政治・政策の話。a0149371_11103927.jpg

 今日の日本経済新聞Web版に、「国の総合特区構想、福岡県がアジアと連携提案」という記事を掲載していました。

 この「国の総合特区構想は、従来の特区で実施された規制緩和のほか、税制、財政、金融面でも支援するのが特徴。」 
 福岡県が提案した特区の名称は「福岡・アジア国際戦略特区」。その対象は、(1)ビジネス (2)環境 (3)先端技術の研究開発 (4)ファッションや若者文化 (5)空港や港の整備。
 現時点でのメディア情報だけだはあまり詳しい情報がないので、よくわかりません。

 その参考になるのが、県知事の年頭記者会見等で発言された「福岡・アジア新時代創造特区」。
その6 つの地域戦略(抜粋)は、

-------------------------------------------------------
地域戦略1 イノベーション・先端成長産業拠点
   ・世界レベルの先端システムLSI 開発拠点を構築する「シリコンシーベルト福岡」の推進
   ・「ペプチドワクチン」による第4 のがん治療法の実現化
   ・北部九州自動車150 万台先進拠点の構築 等

地域戦略2 アジアビジネス拠点
   ・APEC中小企業大学校の創設
   ・福岡アジアベンチャーマーケットの開催
   ・インターネット通販によるアジアへの販路開拓支援 等

地域戦略3 アジアの環境先端拠点
   ・アジア諸国地域における廃小型家電の回収システムの構築
   ・アジア自治体と環境協力協定を締結し環境プロジェクトを共同推進 等

地域戦略4 アジアの高度医療、健康・癒し拠点
   ・多言語対応高度医療機関群の整備 等

地域戦略5 アジアファッション、美容、若者文化、ショッピング拠点
   ・福岡アジアコレクションを核としたファッション産業の振興
   ・多言語ウェブサイト「アジアンビート」の情報発信力の強化 等

地域戦略6 アジア交流先進社会資本拠点
   ・福岡空港のアジア拠点空港化
   ・北九州空港の物流ハブ空港化
   ・博多港、北九州港のアジア中枢港湾化 等
----------------------------------------------------------

となっています。対象範囲はほぼ網羅されていますので、同様の内容になっているのでしょう。

 ということは、各項目について、具体的にどのような方策・工程でそれを実現するのかという戦術・作戦面での情報は手にしていませんが、本当にその実現に向けて行政が動き出すのであれば、今後このようなビジネスを展開する産業や企業が集積し、経済発展が期待できるかもしれません。その布石が、特区提案といえるでしょう。006.gif

 このような分野でビジネスをされている方、あるいはされようと計画される方は、福岡を拠点に事業展開をされることをご検討されてはいかがでしょうか。そして、事務所・研究所等をお探しの際には、ぜひともACMプランナーズにお声かけいただければ幸いです。(結局、またそこに落としてしまいました・・・・)008.gif


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-31 11:11 | staff さかた

福岡オフィス:空室物件情報更新(博多三井ビル 他)

 先ほど、お客様のところに外出した時のこと、行きは雨、帰りは晴れと、ひじょうに天候が不安定です。夏の夕立ならわかるのですが、そういう雰囲気でもありません。帰りは、国体道路を警固町から天神まで歩いて来ましたが、それなりに歩行者の交通量はあるのですが、テナント募集中の看板も多く、まだまだ景気回復したという実感からは程遠いものがあります。少なくとも、1階だけでも店舗が営業していて、歩行者が回遊して楽しめる活気ある街並みが必要だと思います。その責任の一端が我々不動産仲介業者にあるのであり、これからも有益な情報を出店者に提供して、早く開業していただけるように努力したいと思います。

 さて、今日の募集物件情報の更新状況です。

 ・博多三井ビル       福岡市博多区上呉服町
 ・博多三井ビル2号館   福岡市博多区店屋町
 ・博多新三井ビル      福岡市博多区博多駅前1丁目
a0149371_1513469.jpg
 等です。

 今日は、「大博通り」沿いの大型物件、それも「三井ビル」シリーズ3物件をご紹介します。

 大博通りは着々と工事が進行するJR博多駅から、ほぼ北・博多港に向かって走る大通りです。この通りは、道幅も広く、中央分離帯にはヤシが植栽されていて、何となく南国の雰囲気が漂っています。
その北端に位置するのが、福岡サンパレスで、ホテル・コンサート会場などで親しまれています。
a0149371_15235437.jpg

 その大博通りのちょうど呉服町交差点付近にあるのが、「博多三井ビル」と「博多三井ビル2号館」、そして最後の「博多新三井ビル」は博多駅前にドンと構えています。
 外装・エントランス等の共用部分はリニューアルして、OAフロアにも対応可能です。賃料条件は未定になっていますが、いろいろと交渉に応じていただけますので、ご遠慮なくご相談ください。そして、まずは内覧。お気軽にACMプランナーズまでお申し付けください。



福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-30 15:34 | 物件更新情報

福岡・オフィス 新着物件掲載(ツインズももち)

 先日、Web系IT企業の社長と雑談する機会があったのですが、コミュニケーションにWeb技術をどのように活用していくのか、ということでいろいろとビジネスモデルを開発しているとのこと。「ブログでは時代遅れ、ツイッターの双方向で手軽に情報発信し、顧客とのコミュニケーションを図りながら、ビジネスにつなげていくマーケティング戦術が今後主流になっていくだろう」と。
 なるほど、不動産業は情報産業ということで、意外にも比較的早くインターネット等を活用してきて、古くからある業界の慣習を打破してきた業界でもあります。ツイッターやその他のIT技術を一歩先んじて積極的に取り入れ、顧客のニーズに合致したコミュニケーション手法やプロモーション手法をどんどん開発して行くことが、生き残る道かもしれません。しかし、次から次への開発される技術についていくことも結構大変ですし、一歩先は安全だけど、半歩先は時代遅れ、二歩先は早すぎて顧客がついていけないという状況に陥ってしまうので、目利きが難しいと思います。
 弊社も新しい技術・手法を取り入れながら、お客様に情報発信を行ってまいりたいと思います。

 さて、前置きが例によって長くなってしまいましたが、本日は新着物件です。

 ・ツインズももち     福岡市早良区百道浜1丁目
a0149371_11281378.jpg
 です。

 このビルがある百道浜(通称:シーサイドももち)は、1985年前後に埋め立てられ、1989年に「アジア太平洋博覧会」が開催された地区です。東京・お台場のようなウォーターフロント地区で、実はお台場よりも”歴史”は古いのです。福岡タワー、Yahoo!ドーム、ホークスタウン、博物館、図書館などが集まり、いまでは、オフィスビル、高層マンション、ホテルなども多く建築され、街としての機能を有するまでに開発されました。また、景観などにも配慮した地区計画が制定されているので、きれいな街並みを維持しています。

 その一角にこのビルがあります。ワンフロア100坪以上確保でき、ハイグレードなビルです。しかも賃料もリーズナブル。諸条件も相談に応じていただけますので、まずは弊社までお気軽にご相談ください。



福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-29 11:29 | 物件更新情報

福岡オフィス:空室物件情報更新(天神第一ビル 他)

 最近、興味を惹いた記事は、「技術力集積の『未来モデル都市建設構想』提唱」 経団連夏季フォーラム」(産経新聞2010.07.23
 「医療・介護、新エネルギー、スマート・グリッド(次世代送配電システム)など日本が得意とする技術を集めた実験都市をつくりたい」と語り、企業の主導による未来モデル都市の建設構想」を打ち出した」というもの。新しいまちづくりというと、ワクワクしますね。それも「実験都市」。そこには、環境や都市景観にも配慮され、快適性・機能性・メンテナンス性などにも優れたハイテクビル。単なるバブル都市にならずに、住む人・働く人にやさしく、何百年後にも歴史を感じさせる文化・風土が根付いたまちづくりになるといいですね。

 さて、未来の話はこの辺で終わらして、現実のオフィスビルの話に移します。
 今日、募集物件情報を更新した物件は、以下の通りです。

 ・天神第一ビル      福岡市中央区天神4丁目
 ・リクルート天神ビル   福岡市中央区舞鶴1丁目
a0149371_13285331.jpg
等です。
 
 そこで、前者の「天神第一ビル」ですが、立地は天神4丁目、昭和通沿いにある日本銀行福岡支店の裏手にあります。このエリアは、天神1、2丁目のような華やかさ・賑やかさはなく、また3丁目のような猥雑さもなく、意外にも比較的落ち着いた雰囲気のオフィスビル街です。そして、ビル自体は昭和59年築になっていますが、キチンと維持管理されています。

 内覧やお問い合わせは、弊社までお気軽にお問い合わせください。
 

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-27 13:39 | 物件更新情報

福岡・オフィス 新着物件掲載(西鉄薬院ビル)

 今日も更新が遅くなってしまってしまい、もう18時です。福岡は、日本の中でも西の方にあり、日没も遅く、幸か不幸かは分かりませんが、ついつい遅くまで外回り営業ができてしまいます。001.gif

 ということで、早速本題に移りたいと思います。本日は新着物件です。

 ・西鉄薬院ビル       福岡市中央区薬院3丁目
a0149371_1841260.jpg
です。

 このビルは、中心部・天神から南エリアである薬院エリアにあり、城南線と高宮通りの交差点「薬院大通り」近くに位置しています。西鉄天神大牟田線と地下鉄七隈線「薬院大通」駅の2駅を利用することが可能で、交通アクセスはいいです。昭和56年築で少し古いかなと思われるかもしれませんが、前回に話題にしたように共用部分などもきちんとリニューアルしています。
 築年数だけでなく、立地、快適性、機能性などを考慮しながら、きちんと維持管理されハイグレードな建物はきちんと評価される社会、人々の意識が変化することを期待したいものです。

 内覧やご不明な点がございましたら、お気軽にACMプランナーズまでお問い合わせください。



福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-26 18:18 | 物件更新情報

福岡・オフィス 新着物件掲載(明治通りビジネスセンター)

 最近、戦後の日本の高度成長とは何だったのか、と時々考えることがあります。最近でこそ中国にその地位を脅かされていますが、人口1億人強で世界第2位の経済大国にまで昇り詰めてきた日本。ただそこには、もともと日本人の無常観に根差したモノに対する大量生産・大量消費、そして大量廃棄が、資本主義システムにおける商品の循環サイクルがうまく機能し、実態以上の経済規模を成立させたのではないか、と。これはまさしくバブル状態。

 ところが、この循環システムの流れが滞留すると、一転してデフレが急速に進行する。そこには、大量生産・大量消費・大量廃棄に対する日本人の意識の変化が根底にあるように思います。そして、人口減少、環境問題・省資源化などの時代の流れも考慮すると、その傾向はますます強くなっていくように思われます。

 そして、欧米の建築物は、築後何百年というビルがキチンとメンテナンスされているために今も健在で、そのようなことから歴史の重さを感じられる街並みが保全され、日本よりGDPは低くても、人々の生活は安定し、財政も健全さを維持している。日本もこのような欧米型の成熟社会に転換している時期なのでしょう。009.gif

 なんでそんなマクロ経済問題を取り上げようと思ったのか・・・。
 そうでした。古いビルは新しいビルに建替えすればいい、という発想から、いいビルを如何に上手く再生させることがこれからの時代の潮流になるだろう、ということを訴えたかったのでした。

 いつも以上に前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題です(あくまでも弊社のビジネス上での・・・)。

 今日ご紹介する新着オフィスビルは、築後30年以上が経過しているビルを上手く再生させた好例物件です。

 ・明治通りビジネスセンター(本館別館)    福岡市博多区下川端町
a0149371_11151050.jpg
です。

 このビルは、つい最近まで、「博多東京海上日動ビルディング」と呼ばれ、損保会社のビルだけあって元々グレードも高く、メンテナンスもきちんとなされていました。
 ところが、今回新たなオーナーに変わり、そこで大規模修繕工事がなされました。まず、エントランス・エレベータホール・廊下等の共用部分をリニューアル。外観と統一感をもたせるために、基調を黒にして、重厚感を出しています。また、快適性を確保するために、トイレの改装。当然、ビジネスの生命線になる機能性についても、OAフロアなどに改修され、また個別空調・喫煙ルーム等の環境面でも配慮がなされています。

 さすがに天井高等ところどころに少し古いビルだな、と感じさせるところもありますが、それも風情というもの。賃料等条件も応相談になっていて、この立地とビルのグレード等を総体的に考慮すると、ひじょうにお勧めできる物件です。実際に、引合いも多く好評です。

 内覧希望やお問い合わせは、お気軽にACMプランナーズまで、よろしくお願いします。

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-24 11:34 | 物件更新情報

福岡オフィス:空室物件情報更新(KDX博多南ビル 他)

 お久しぶりです。2日間もブログ更新を怠ってしまいました・・・。大したことを書いていなくても、私が書いた文章が公開され、多くの方の目に留まる可能性がある以上は、私なりに考えて文章をまとめなければならないので、それなりに時間と集中力が要求されるのです。となると、ある程度集中できる環境も確保される必要があるのですが、日によってはなかなかそれが許されないこともよくあります・・・。アイドルタイムをうまく活用するとか、睡眠時間を削ってでも頑張れ、というご意見もあるかもしれませんが、そこまで器用にいかないものなのです。ということで、マイペースに、しかし地道に更新していきたいと思います。001.gif

 さて、このような私の雑記にグダグダと付き合わさずに、さっさと本題に移れ、という声も聞こえてきそうなので、本題に移ります。
 本日の福岡市内のオフィスビルの募集状況について、以下の物件を更新しました。

 ・KDX博多南ビル       福岡市博多区博多駅南1丁目
 ・CR博多ビル          福岡市博多区博多駅南1丁目
 ・第6岡部ビル         福岡市博多区博多駅東2丁目
 a0149371_100795.jpg
等です。

 今回は、博多駅筑紫口(新幹線口)が中心です。現在建築中の博多駅ビルは、反対側の博多口の方にあり、そちらはビル建築工事が行われているので、目が行きがちですが、筑紫口の方も駅構内、新幹線改札口や専門店街「デイトス」なども改装工事が完了し、きれいに一新されています。
 毎日通勤通学で行き来し、少しずつ工事が進行していると、あまり変化に気がつかなかったり、感動を覚えなかったりしますが、久しぶりに目の前を通過してその変貌に驚きと感動を覚えるものかもしれません。

 いずれにしても、来春駅ビルが完成して、人の流れがどのように変化するのか、興味があるところです。


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-23 10:31 | 物件更新情報

福岡・オフィス 新着物件掲載(大博通りビジネスセンター)

 連休明けの今日は、朝から現在業務改善コンサルティングを行っているクライアント様との打合せ、銀行との打合せ、社内ミーティングなどを立て続けに行い、やっとディスクワークを始めることができました。
 しかし、忙しいということはありがたいことです。そのように思いながら、一つ一つの仕事をきっちり片付けていかなければいけないと思います。001.gif

 さて、そんなわけで、ブログ更新も遅くなってしまいました。
今日は、久しぶりに新着物件をご紹介します。

 ・ 大博通りビジネスセンター      福岡市博多区御供所町
a0149371_1757684.jpg
です。

 このビルは、地下鉄「祇園」駅と「呉服町」駅のちょうど中間にあり、交通アクセスは良好です。外観やエントランスなどの共用部分も重厚感があって、さすがハイグレードのビルです。入居者も大手中心なので、なかなか空室になることは少ないのですが、今回は22坪で手頃な広さの部屋を募集します。入居時期も11月以降となっていますので、ある程度じっくりと準備することができます。

 内覧をご希望の方は、お気軽にACMプランナーズまでお問い合わせください。


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-20 18:02 | 物件更新情報

福岡オフィス:空室物件情報更新(キャナルシティ・ビジネスセンター 他)

 今日は、朝から夏の太陽が照りつけています。昨日のブログでも書きましたが、梅雨明けも秒読み段階のようです。
 そうなると、やはり海。ところが、最近見たテレビでは、若者の海離れが見られるそうです。その理由は、日焼け、水・砂が汚いなどが挙げられていました。しかし言いたい。昔はもっと海水は汚かった!、と。最近は海にしても川にしても、以前に比べると格段に水がきれいになったと思います。下水施設が整備され、生活排水が流入しなくなり、工場排水も規制が厳しくかけられてきたからでしょう。そして、親水公園も多くみられるようになり、人と自然とが近づいてきていると思います。都心部でもそのような憩いの場が近くにあり、ちょっと息抜きに立ち寄れるような街になってもらいたいものです。

 また、仕事の話からは脱線してしまいました。今日の募集物件の更新状況です。

 ・キャナルシティ・ビジネスセンター     福岡市博多区住吉1丁目
 ・呉服町ビジネスセンター           福岡市博多区上呉服町
a0149371_1123842.jpg
 等を更新しています。

 今回の2物件は、福岡市内では非常に知名度の高いビルです。お取引先に自社の所在地を説明するのに苦労することはまずないでしょう。
 まず、「キャナルシティ・ビジネスセンター」。館名の通り、キャナルシティにあります。キャナルシティは、商業施設・ホテル・オフィスの複合施設で、博多駅と天神のほぼ中間に位置しています。右の写真がその外観ですが、商業・ホテルに比べると、非常に地味。デザイン性の高い「ビジネスセンター」シリーズのビルに比べても、一段とそのことが言えます。ただ、オフィスビルとは、本来的には機能性を重視すべきだと思いますし、施設としての認知度が高いだけにオフィス棟には、外観をそれほど重視する必要はないとも言えます。その意味では、機能面ではハイグレードを確保しています。

 次に、「呉服町ビジネスセンター」は、大博通りと明治通りの交わる「呉服町」交差点の角にあり、地下鉄駅出口と直結し、交通アクセス・視認性・デザイン性は高いものがあります。また、天井高が2900mmもあり、開放感があります。ワンフロアの面積が大きいビルほど、天井高の高さが低いのは圧迫感が出てきますが、これだけ高いとむしろ壮観です。

 内覧のご用命やお問い合わせはACMプランナーズまで、お気軽にお申し付けください。


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-07-17 11:26 | 物件更新情報