福岡市 博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗などを中心とした情報ブログ http://www.acmp.co.jp
by acmp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
会社概要
プレスリリース
staff さかた
staff えがしら
staff のざき
◎イチオシ物件情報◎
◎こだわり物件~アメニティ編
物件更新情報
すてきなお店情報
未分類
以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
最新の記事
年末年始休暇のお知らせ
at 2011-12-26 11:49
福岡・貸事務所 新着物件掲載..
at 2011-12-17 11:10
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-15 11:12
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-14 11:56
福岡オフィス:募集物件情報更..
at 2011-12-13 16:06
最新のトラックバック
福岡市長選挙 高島
from できるビジネスマンのチェック..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:staff さかた( 51 )

昔の名前で出ています

 昨今の市町村合併や住居表示の実施に伴って、旧町名が消えてしまい、寂しい思いをしています。
福岡市内でも「呉服町」「川端町」など、当時の町人の土地利用のあり方の面影や地勢などを連想する地名が、博多部を中心にわずかに残っていますが、他の街によく見られるような「大工町」「鍛冶町」「瓦町」「紺屋町」などは消えてしまっています。

 そんな中で、ビル名に旧町名や歴史的建造物を残しているビルを見ると、ビルオーナーの歴史を大事にする人柄・思いが感じられ好感が持てます。

 例えば、
 ・博多管絃ビル    福岡市博多区博多駅前3丁目
a0149371_13371419.jpg
 
 「昔比恵川(御笠川)が那珂川に注いでいた頃、「瓦町」の南の方、住吉から博多への道筋に架けられていた橋である。

「昔、住吉明神9月11日吉祥女の社に渡御あり、馬場町にて流鏑馬あり、翌12日、本宮に移し奉る。そのときもっぱら音楽を奏した故その道に掛かっていた橋を管絃橋という」(福博古図)。市電(博軌電車)の駅名に、「…-辻堂-(博多)駅前-矢倉門-瓦町-管絃町…」とあった。

「「管絃橋」は音楽橋ともいい、今は田となっている。」(石城志)」
(出典:「古地図の中の福岡・博多」宮崎克則・福岡アーカイブ研究所 鳥海社 2005)

 他にも、
 ・雁林ビル  福岡市中央区大名2丁目
等もありますが、その数は少ないと思います。

 ビル名の由来から、地元の歴史を調べてみると、また新たな発見ができて、そのビルに愛着が湧くものです。



福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-06-14 14:01 | staff さかた

オフィススペースの有効活用

 今日は、朝から打合せやらで外出していたので、更新が遅くなってしまいました。

 あまり時間もないので手短に・・・。

 オフィスを借りるには、(賃貸面積)×(坪単価)の計算式で家賃を算出します。
家賃は固定費なので、少しでも経費を削減して、財務体質の強化と収益を生む投資に資金を回していくことが必要でしょう。a0149371_1756852.jpg

 そこで、坪単価の値下げ交渉は話題に上りますが、もう一つの項の「賃貸面積」について、同じ従業員数と同じ業務を行う什器・備品・書類数を前提にして、削減ができないものだろうかと、ふと思いつきました。

 例えば、書棚や机等の収納力を有しながら、その配置の仕方とか、動線に配慮することによって、賃貸面積を削減できる可能性が高いと思います。
 また、弊社の事務所段ボール箱が乱雑に積み上げられていたり、使われもしない古い資料が放置されていたり・・・。

 あるいは、最初から賃料単価の安い倉庫が確保できる建物もありますので、そういう物件を探すのも一考の価値はあると思います。
 ただ、別の建物の倉庫やトランクルームを借りるということも検討すべきなのかもしれませんが、ただたびたび使用する書類を手元に置かないのは、逆に非効率になりますので、手元に保管する書類と倉庫に保管する書類を仕分けして、どこにどの書類を保管しているかきちんと管理する必要があるでしょう。

 そのような収益を生まないデッドスペースのために高い賃料を払っている可能性が高いので、このような部分にまでメスを入れることも必要でしょう。

 
福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-06-03 17:57 | staff さかた

All Aboutプロファイル 「不動産コンサルタント」に登録

 弊社取締役不動産AM事業部長の佐嘉田が、All Aboutプロファイルの「不動産コンサルタント」のカテゴリーに登録しました。

 オフィス・店舗に限らず、不動産投資、事業用不動産を中心としたコンサルティングについての話題提供やご相談にお応えしますので、そちらのページも併せてご覧ください。

アドレスは、
http://profile.allabout.co.jp/pf/h-sakata/
です。

よろしくお願いします。040.gif


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-05-27 17:01 | staff さかた

物件資料は、紙?メール? 不動産業界の宿命

 不動産業界は、情報産業です。そこで、昔から業者間で物件情報の交換を行いながら、売買・賃貸等の取引の成立に励んできたのです。
 そこで、毎日のように、同業者から物件情報ももらったり、あるいは問い合わせがあると自社で募集している物件資料を与えたりしながら、不動産流通市場を成立させていたのです。

 その昔は、業者間での相対で情報交換を行っていた(私の知らない時代のことですが・・・)ものが、レインズなどのデータベースができ、情報の集約化が進められ、一歩前進。でもまだインターネットがない時代だったので、FAXを中心に情報交換を行い、今もまだ紙ベースでの物件資料のやり取りを行うのが、主流となっています。
a0149371_11352664.jpg
 ところが、この紙というのは管理が厄介で、ちょっと気を抜くとあっという間に事務所内は紙の洪水に見舞われ、あとで肝心の資料を探すのに時間を要し、行方不明状態に至り、結局紹介できなかったということがよくあるのです。

 そんな中、やはりインターネットや電子メールという武器が不動産業界に入り始め、すでに10年以上が経過し、物件の情報交換も最近ではメール等を使うようになってきました。それで必要に応じてプリントアウトすればよくなったので、紙資源の削減には大きく寄与していると思います。
 ただ、データファイルになったとしても、きちんとフォルダーやデータベースで管理していないと、どこに保存しているか行方不明になってしまう危険性は大きく、最終結果は同じになりかねません。やはり管理力が必要です。また、最近は写真や画像などのデータも簡単に保存してしまうので、ハードディスクはすぐにパンク状態に陥り、またメモリー不足で処理速度が追いつかずにイライラすることもよくあるのです。

 そんなわけで、暇を見つけては、今日も物件資料の整理・処分に追われ、これは業界の宿命なのでしょうかね・・・。026.gif

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-05-22 11:37 | staff さかた

店舗探しの楽しさ

 飲食店、ブティック、美容室、クリニックなど、その業態・取扱商品に関わらず、店舗を開業させようと思うと、まず我々のような不動産業者に行き、あるいは現地看板・インターネットなどを使いながら物件情報を集めて、立地・条件等を考慮しながら、この物件はいい、あるいは悪いなどと比較検討しながら、絞り込んでいくことになります。それは、出店者の立場での物件の探し方です。a0149371_1031463.jpg

 一方で、不動産業者は、逆の立場で、この物件に相応しい用途は何か、出店者はだれか?等の観点から考えています。

 先日、とある商業施設運営会社の開発担当者と打合せする中で、その空いている店舗スペースにどんな店舗を誘致したらいいのか、ということで議論しました。この場合、商圏特性、来店客属性、立地・動線、建物設備、賃貸条件、入居する他の店舗との補完・競合関係なども念頭に置きながら、ドラッグストアはどうか、いやいやクリニックだろう、などと考え、そのような入居者が実際に入った場合のイメージを膨らませていくのです。

 時代の流れも掴みながら、こんなお店が入ったら賑わうだろうなと、想像するだけで楽しくなるのです。このことが店舗ビル・商業施設開発の醍醐味でしょう。
 このような楽しみを出店者や、店舗開発の方々と共有しながら、ワクワクしながらいい施設に作り込みできたら幸せです。006.gif



福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-05-21 10:34 | staff さかた

2012年問題・・・

 「日経不動産マーケット情報6月号」に、興味深い記事が載っていましたので、ご紹介します。
a0149371_14103283.jpg
 概要は、「これからできる大規模オフィスビル」調査を行ったもので、東京都内での大規模オフィスビルの建設が進行し、2012年に竣工する予定のビルは、計126棟、総延べ床面積760万m2になり、ピークを迎えるというものです。そのうち、自社ビルや特定のテナントが決まっているビルは、6棟に過ぎず、需給バランスが崩れる可能性がありそうです。

 このような供給過剰な状況もあり、また市況悪化に伴う資金調達難により、オフィスビル計画からマンションに変更する事例も目立ってきているそうです。
(詳しくは、こちら

 一方、福岡市内では、ここ数年の新築ラッシュも一段落の状況ですが、依然として空室率は高く、賃料相場は逓減状態が続いています。

 建物を建てるだけの時代から、それをいかに活用する時代へと変化しているように思います。

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-05-20 14:11 | staff さかた

立場を変えると・・・。お客様第一主義。

 今朝、とある役所に所用で行ったときのこと。

 申請書類を窓口に出すと、入金確認ができないので振込領収書をもってきてくれ、とのこと。それで出直しを余儀なくされました。
 その担当者はいとも簡単に再度持参しろと言われるが、そのために私の時間と労力は相応にかかっているのです!!それも、私の方は手続きに則って行っているのに、入金確認が取れないのは、相手方の内部の都合でしょう!!009.gif

 そんなブルーな気持ちで貴社してきましたが、ふと考えなおしてみると、私も契約や相談を受ける場合、不足書類があった場合、安易にお客様にまた持ってきてくださいね、と言っているのに気がついたのでした。

 お客様も私も、お互いに忙しいなか、時間を割いて商談しているので、不足書類や準備不足になって効率性を落とさないように、事前準備を行い、お客様にもあらかじめ説明して、準備していただくように心がけることが必要だと考え直しました。

 「お客様第一主義」などとといろいろなところで言われますが、実のところそういうきめ細かい心遣いが肝心なのでしょう。まさに、「人の振り見て我が振り直せ」ですね。


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-05-19 13:26 | staff さかた

長寿企業の要件

 先日、あるセミナーに行った時のこと。

 その際、講師が「長寿企業の要件」についての話題になりました。

 すなわち、
  ・社員間でチーム意識(家族意識)があること
  ・名家に家訓があるように、社訓・社是・ビジョン・ミッションがあり、それが社員に浸透していること
  ・トップの考え方、心構えが承継されていること

 などを挙げられていました。

 そのうえで、以前の日本企業にはこのようなアットホームな人間関係があり、その結果として欧米諸国の企業に比べて社歴100年、200年以上の長寿企業が多く存在していた。一方で、最近の終身雇用・年功序列制度の崩壊によって社員間のチーム意識が薄れてきていることが危惧される、と指摘されていました。

 なるほど・・・。026.gif
そのような見方もできますね。
 わが社もいい社内環境を作り、会社のビジョン・方向性を示しながら、良い商品サービス、情報提供を長期にわたって提供できるように努力しなければならないと思いました。

 また、弊社とお取り引きしていただくお客様がより発展し、末長くお付き合いしていただけるように、企業経営に有益な情報も、このブログでご紹介していきたいと思います。040.gif




福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-05-17 14:49 | staff さかた

せちがらい世の中

 世間では、ゴールデンウィークに突入したということで、昨日のニュースでは海外旅行に行く人の姿が放映されていたが、私はカレンダー通りということで、今日も仕事です。
 とはいっても、このような時期なので、なんとなく営業面では開店休業状態。

 そんな中、今朝、月末ということで銀行に行った時のこと。
a0149371_10461550.jpg
 何やら窓口で子連れのお客さんが銀行員に向かってクレームを言っている様子。
 続いて、ATMコーナーに行くと、今度は年配の男性がこれまた銀行員にクレームを言っている。

 何でもめているのか、どちらが正しいのか、よくわかりませんが、なんとなく世の中全体にストレスが溜まり、すぐに他人を責めてしまうような気がします。
 物的には豊かになっても、経済格差に不満を持ち、精神的なゆとりを欠き、何気に明るい話題が少ない現在の日本。今の中国のように、いろいろ不備や不満はあるかもしれないが、輝かしい未来に向かって成長している感じを、多くの日本人が実感できないからでしょう。

 なんか陰気くさい話題になってきたので、ここはこのような鬱憤を解消するようなビジネス上のネタについて各社が新規事業をどんどん立ち上げて、みんなが夢を語り、実現できるように前向きに行動し、そしてそれに伴ってオフィスや店を借りていただく、という成長モデルを思い描いたところで、今日の締めとさせていただきます。006.gif

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-04-30 10:47 | staff さかた

オフィスビルの耐震補強

 下の写真は、とあるオフィスビルの窓の写真です。
a0149371_9252985.jpg


 注目していただきたいのは、窓の両端にあるむき出しのH型鋼。

 何のためにあえてこのような場違いな鋼材を設置しているのか、というと、耐震補強を行っているのです。昭和56年に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。それにより、それ以前に建築されたビルについては、新基準をクリアしているのか調査を行い、クリアしていなければ写真のような補強工事を行うことが望ましいとされるようになってきました。

 もちろん、耐震調査や補強工事を行うことについてはそれなりの費用がかかります。しかし、ビルオーナーにとって、お客様である入居者が安全安心して入居していただくためには、必要経費であり、これを行うことが、ビルの資産価値を高める先行投資であり、なおかつ保険である、という認識をビルオーナーが持てるかどうかにかかってくると思います。

 限られた予算と数ある投資項目のなかで、最大限の効果を上げられるように、投資に優先順位をつけて実行することがビルオーナー側に求められ、それについて当社もご提案していきたいと思います。
 また、このような意識の高いオーナー様のビルを積極的に入居者様にお勧めしていきたいと思います。


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-04-27 09:47 | staff さかた