福岡市 博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗などを中心とした情報ブログ http://www.acmp.co.jp
by acmp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


最近のオフィス事情 -2-

 先日の屋上緑化ビルに続いて、アメニティに配慮されたビルの紹介シリーズの第2弾。

 今日は公開空地に緑化を施した事例を取り上げたいと思います。
まずは、写真から。
a0149371_11154879.jpg


 公開空地とは、一定規模以上の敷地に設けられるオープンスペースで、一般に開放され、歩行者が自由に通行できる区域で、周辺環境の向上効果が見込めるといわれています。
 建築基準法上の総合設計制度を適用することで、ビルオーナー側のメリットとしては、容積率の割り増しが魅力で、より大きな建物を建てることにより、家賃収入のアップが期待できるため、福岡市内の都心部でのオフィスビルでは多くみられるようになってきました。

 この公開空地を単に設けるだけでは結構殺風景な感じがし、最近ではより修景を高めるために、緑化を施すビルも散見されるようになり、まちも美しくなってきたものです。そして、このようなビルは街のランドマークとして、市民や来街者に親しまれ、そのビルで働く人にとってステイタス感をもたらす効果があると思います。上の写真では緑の遊歩道として整備され、季節感を感じながら散策することもでき、他のビルとの差別化が図られています。

 なお、この物件は、福岡市博多区御供所町にある「大博通りビジネスセンター」というオフィスビルです。ただし現在は満室ということなので、ご興味がある方はほかの物件をご紹介します。詳しくは、当社までお問い合わせください。

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2009-12-19 11:37 | staff さかた
<< 最近のオフィス事情 -3- 最近のオフィス事情 -1- >>