福岡市 博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗などを中心とした情報ブログ http://www.acmp.co.jp
by acmp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


福岡オフィス:空室物件情報更新(鶴田けやきビル)

 今日はいきなり、福岡市中心部のオフィスビルの募集状況のデータ更新を行った物件をご紹介します。

 ・鶴田けやきビル     福岡市中央区赤坂1丁目
a0149371_11324854.jpg

です。

 このビルは、先日内覧会があって、訪問してきました。ビルオーナーや管理会社が内覧会を行うのは、通常、何らかのリニューアル等を行い、それを当社のような仲介業者などにお披露目して、ぜひテナントを紹介してくださいね、という販売促進の目的で開催されます。

 今回の内覧会も
 ・部屋を間仕切って分割工事
 ・内装仕上げ工事(クロス・タイルカーペット)
というのが大きなリニューアル工事が完了したので、そのお披露目が目的です。
a0149371_1243792.jpg
 まず、もともと30坪あった一室を13坪と15坪に間仕切り、最近動きが多い小面積の部屋に改修しています。これは、当然先行投資が発生するため、他の空室部屋とのバランスを考慮しながらリニューアルに踏み切ることが必要ですし、このビルの場合、他の空室面積が26坪であったため、思い切って改修したのでしょう。
 この間仕切り工事に伴って、出入りのための共用スペースも発生したのですが、そこの壁、部屋内の壁などに、白色を基調に、茶系でアクセントをつけながら上品さ・高級感を演出しています。こういうちょっとした工夫で空間雰囲気がガラっと変わりますので、参考になるでしょう。

 新しいビルが次々と供給され、そうはいっても全体のパイが同じペースで増えない状況の中で、必然的にどこかのビルでは空室が増えています。また、ビルオーナーにとっても、このような過当競争の中で手をこまねいていると、新規のテナントが入居しないばかりか、既存のテナントも流失しかねません。リスクはあっても、定期的なリニューアルや他用途への転用(コンバージョン)も行う必要があります。当然それを行うためには、長期修繕計画を立て、計画的に資金調達と改修工事・保守点検を行うことが不可欠です。

 このビルのリニューアルについては当社は関与していませんが、市場動向や入居者ニーズ、ビルの現状(長所・短所)、オーナーの経済状況等を考慮しながら、最大の投資効果を得られるようにご提案しますので、お気軽にACMプランナーズまでご相談ください。


福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2011-01-24 12:07 | 物件更新情報
<< 福岡・オフィス 新着物件掲載(... 福岡・オフィス 新着物件掲載(... >>