福岡市 博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗などを中心とした情報ブログ http://www.acmp.co.jp
by acmp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


福岡オフィス:空室物件情報更新(住友生命福岡ビル 他)

 3か月ほど前に、国土交通省の「建築物省エネ改修推進事業」について話題を取り上げました(詳細はこちら)が、「建築物省エネ改修緊急支援事業」と名前を変えて、新規募集することになりました(~12月22日)。前回の事業仕分けで話題になっていた事業名の変更だけかな、と思いつつ、ホームページを読んでみると、「平成22年9月15日締切で実施した平成22年度の「建築物省エネ改修推進事業(第2回)」とは、事業内容と提案様式が異なりますので、ご留意ください」と赤字で強調されており、それが余計に面白いところです。

 さて、肝心の事業内容ですが、
『応募にあたっては、下記の(1)~(4)の要件を全て満足する必要があります。
(1) 躯体(外皮)の省エネ改修を行うものであること。
(2) 改修対象範囲におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して概ね20%以上の省エネ効果が見込まれる改修であること。
 これによりがたい場合は、建物全体におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して概ね10%以上の省エネ効果が見込まれる改修であること。
(3) 省エネルギー改修に係る事業費が 1,000 万円以上であること。
ただし、建物全体において概ね10%以上の省エネ効果が見込まれる改修事業は、省エネルギー改修に係る事業費が500 万円以上であること。
(ただし、複数の建築物における改修事業をまとめて提案し、上記事業費以上となる場合も可とする)
(4) 平成22年度中に着手するものであること。』

と書いてあり、大きな変更点として今回は
 ・「躯体(外皮)」に限定された
 ・改修対象範囲におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して概ね20%以上の省エネ効果が見込まれる」という基準が原則となったこと
 ・補助限度額が1億円に上げられた
といったところでしょう。
 前回に比べると、適用要件は上がっていますが、それに伴って補助限度額も上げられています。そして、さらに着工が22年度中というのは、これはこれで結構大変でしょう。詳しくは、ホームページをご参照ください。

 この補助金の話題はこの辺にして、福岡市内のオフィス・店舗の募集物件のデータ更新状況です。本日は、以下の物件の更新しました。

 ・住友生命福岡ビル       福岡市中央区天神2丁目
 ・綾杉ビル             福岡市中央区天神1丁目
 ・博多駅東113ビル        福岡市博多区博多駅東1丁目
 ・第3偕成ビル           福岡市博多区博多駅南1丁目
a0149371_1530090.jpg
等です。

 内覧やご不明な点がございましたら、お気軽にACMプランナーズまでお問い合わせください。また、ホームページにはその他物件も多数掲載していますので、ご覧ください。

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-12-02 15:40 | 物件更新情報
<< 福岡オフィス:空室物件情報更新... 福岡オフィス:空室物件情報更新... >>