福岡市 博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗などを中心とした情報ブログ http://www.acmp.co.jp
by acmp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


福岡オフィス:空室物件情報更新(井門博多駅前ビル 他)

 本当に暑い日が続きます。先ほども神戸からのオーナー様がご来社いただきましたが、神戸よりも蒸し暑いとのご感想でした。
 私も少し前まで外出していましたが、汗が引くまでかなりの時間を要します。外回りの営業マンにとっては、結構堪えますが、地道に営業活動をするしかありません。008.gif

 そんな夏バテの状態の中、オフィスビルの動きも夏バテ気味のようで、大きな動きが少ないのが実情です。今日データ更新したのは、

 ・井門博多駅前ビル       福岡市博多区博多駅前2丁目
 ・第6岡部ビル           福岡市博多区博多駅東1丁目
a0149371_15311745.jpg
 等です。

 そのうち、前者の井門博多駅前ビルは、従来に比べて、賃料設定基準、方法が変更になっています。すなわち、
 (1) 契約面積と実効面積が異なっていたのを、契約面積=実効面積に統一させました。これは、契約面積の中に、共用部分の廊下やトイレなどの一部面積を契約面積に含めて契約していたのが、その部分が賃料算定の基準となる契約面積から除外されました。これにより、表面的な坪単価は上がったように思われますが、実質的には値下げになっていて、さらに他の物件との比較がしやすくなりました。

(2) 賃料に共益費を含めて計算するように変更になりました。見かけは、賃料+共益費の合計額は同じであれば実質的には条件は変更になっていないと思われるかもしれませんが、実は敷金額が大きく変わってくるのです。つまり、敷金は、一般的に、賃料の何カ月分という計算しますので、共益費を別枠で設定していたほうが敷金額は減るのです。また、仲介手数料も同様に賃料の1カ月分ということになっていますので、それも増額します。したがって、この条件変更は、借主側からは不利になってしまいます。
 ただし、今回のケースでは、賃料+共益費合計で、坪12,000円から坪11,500円へと減額していますし、(1)も含めて評価しなければならないと思います。

 なお、この賃料はあくまでも募集賃料ですので、ご入居者様の熱い思いをオーナー様に伝えて、できる限り両者がご満足いただけるように調整させていただきます。006.gif

 ご不明な点や内覧をご希望の方は、お気軽に弊社にお申し付けください。

福岡市博多区・中央区の賃貸オフィス(貸事務所)や貸し店舗のことなら
ACMプランナーズ株式会社

[PR]
by acmp | 2010-08-03 15:57 | 物件更新情報
<< 福岡オフィス:空室物件情報更新... 福岡・アジア国際戦略特区 >>